『信頼関係』

『信頼関係』、って、うーん、仕事柄、子どもと接するときにも大事なことで、そういった説明をすることはあるのですが。

e0077910_17944.jpg私は自分に子どもがいるわけではないので、あくまでも教育論にのっとった話なんですけど、子どもにもいろんな特長があって、誰にでも打ち解ける人なつっこい子から、なかなか寄り付かない警戒心の強い子、恥ずかしがりやで人見知りなどなど、、、
会ったその日から、わーいっと抱きついてくる子もいれば、じーっと離れて見てる子などなど。
時間がかかる場合は、何ヶ月とか、、、、?

三つ子の魂百までも、とは、よく言ったもので、ホントにそうだよな、と思うことは多々あります。
人を思いやる気持ちと、ありがとう、ごめんなさい が素直に言える。
これが、私の中ではとても大事で、ちっちゃい子相手にも、わが子でなくてもそういうところは、キチっとしてるかもです(笑)

ちょっと脱線しましたけど、この『信頼関係』、いったんくずれると、回復するのはなかなか難しいですよね。それは子どものみならず、大人については、なおさらかもです。

ものにも、言い方があるというか、なんというか、、、相手の気持ちを考えて、自分の言いたいことも伝えられないとなと、よく思います。
まったく相手がどんな風に受け取るのかを、考えないままときどき、ナイフのような発言をされる方がいると、どうしてそんな風になったのか、、と、ついつい疑問に思います。自分も気をつけないと、と、逆に思ったりします。
私は、人って、その人が気がついたり、心がけたり、誰かの意見に耳を傾けたりすることで、変われることもあるとは思うんですけど、年齢を重ねるにつれて、やはりそれなりの考えができてくるので、いまさら変われないという人もいるでしょうしね、、。
あまりにタイミング悪く、いろんなことが起こると、いっぱいいっぱいになってしまうこともありますが、、それでも、深呼吸して、考える余裕を持って、ちゃんとうまく乗り切れる人間になりたいものです。あとは、ためずにそのつど、話すことも大事でしょうね。

ところで、こういう、Blogっていう、相手が見えないNet上だと、なおさら気を遣いますよね。
っていうか、遣わないといけないなと思います。なんか、ちょっと堅いですけど、人によって受け取られ方もさまざまですもんね。
私も、それなりに自分の考え方はあるんだと思いますが、いい刺激を受けながら、これからも成長したいと思います(笑)
他の方のBlogを拝見しても、いい刺激になることがあって、なんかやっぱり人柄やその人の生き方とかが現れている場合もありますよね~
そのやりとりも、ある種の『信頼関係』がそこに(薄くですけど)浮かび上がってくるのでは、、という気がして。

もちろん、フランクに話せる雰囲気も大事だと思うんですけどね、こんなこと書いてて、会って話すと、そんな生真面目な印象ではないと思うので(笑)
でも、根はまじめです☆


↓このBlogを読んで応援してくれる方、クリックよろしくお願いします(^0^)

[PR]

by akfkjp | 2005-12-20 01:10 | その他