アシュタンガ・ヨガ に チャレンジ!(Slow Flow: IMS イムズ7F)

実は昨日のことですが、初めてヨガにチャレンジしましたっ
ヨガマットと、ジムボールは持ってるんですけど、ちょっとした柔軟くらいにしか使ってなくって、最近は全然、、、。
Tarzanに載ってたので、やってみようと思いつつ、とにかく体が堅いから、まずは、ジムで鍛えてほぐして、やわらかくなってからとか思ってたんですけど、こないだ、たまたま通りかかって、こんなところに、ヨガスタジオが、と、友達と気づき。

SLOW-FLOW という、ショップ&スタジオ。
e0077910_22533621.jpg


普通、ヨガスタジオって、1回3000円くらいするし、チケットも有効期限があるのが多そうですけど、こちらは、今回、チラシを持っていけば、2000円で2月一杯は可能ということで、チャレンジしてみました~ 残念ながら、今日で終わりでしたが、、。
※通常は、1回3000yen(75分)。会員費は必要なしです。チケットあり。(最後に記載↓)

ロッカーとかは小さいし、シャワー室とかはないです。私はちょっとそれが、不安だったんですけど、、。(でも、昔通ってた、ボクササイズジムも、シャワーは一個だけ簡易なのしかなくって、汗かいた後、チャリで慌てて帰ってたのを思い出して、まぁ、いいかと 笑)

e0077910_22541338.jpg

さて、いよいよ始まり。あぁ、この堅い体を見ず知らずの方に、披露するとは、、とためらいながら、マットの上に座っていると、先生が、「体が堅いとか、関係ないですよ!」と、言って下さって、半信半疑で、チャレンジ。

ちなみに、このアシュタンガヨガ、とは、パワーヨガとか、いろんなヨガが生まれる前の、原型のもので、インドで実際にされているヨガだそうです。
意外ですが胸式呼吸で、それに合わせて、体をしなやかに動かしていくというものらしく、胸式で思い切り吸って、吐く息は、音がするくらい。
意外でした、たいてい、体を動かすときとか、腹式呼吸でというのが多かったので。
腹式だと、副交感神経が刺激されて、リラックスした状態に。それでヨガをするのは、動きをなめらかに保つためには、危険ということで、胸式だということでした。
まずはこの呼吸法を練習してから、フローに進みます。
この日やったのは、基本の、スリヤ・ナマスカラA と、スリヤ・ナマスカラB

これが、なかなか、呼吸に合わせて、呼吸も動きも止めず、というのが、難しい!
でも、続けてると、実際、体も柔らかくなるし、血行もよくなって体調もよくなるとのこと。
朝晩だけでもいいですよ~ と言われ、やってみようかなという気に。
汗はうっすらかくかかかないかくらいでした。
(あと、これまた予想外の発見というか、サンスクリット語?で、先生が動くたびに言われるのが、普段教えている、子どもたちが、初めて英語を習う気持ち、を、思い出しました。)
友達は、腕が痛いとかいろいろ言ってましたが、私は特に。もっと力を入れるべきだったのかな?笑
最後は、軽く柔軟したら、マットの上に横になって、ブランケットに包まって、、
あやうく眠くなりそうでした!

e0077910_2256651.jpg自由に飲めるお水が置いてあるので、始まる前と終わってからと飲みました。水分補給は重要だ。
終わって、顔色がよくなってました、いつもやるときはやる、がむしゃらタイプなので(笑)、こんなふうにゆっくりやっていくのもいいかも。

ジムでは、汗をかくくらい、がんがんマシンやってっていうのが気持ちよかったので、これは意外でした。
ちなみに、こちらのスタジオは、チケット5枚で、12600yenらしく、有効期限もないらしいので、普段のジム+月1ペースでもいいかなと思う私には、ちょうどいいかも☆
パワーヨガや、ピラティスもあるみたいで、またやってみたいなと、思いました。

このあと、友達とごはん食べに行ったので(しかもビール飲んじゃったし!)、プラスマイナス0ゼロ に(--;)

↓このBlogを読んで応援してくれる方、クリックよろしくお願いします(^0^)

[PR]

by akfkjp | 2006-02-28 21:59 | その他