うーむ。(ある一日の日記)

帰りに、やっぱり何か食べなくては、、、と、寄った先で、まずくはない、普通に食べて、、、そしてついでに、デザートを頼んだら、ありえない組み合わせで、私にはムリでした(苦笑)
申し訳ないですけど。。。
頼んだはずのものでないものが、出てきて、でも、お店ではそれを当然のものとして出してるという、、、。
それはそれで好きという人もいるんだろうけど、私の中ではxxx
だって、その頼んだデザートの味がまったくしなかったので(T T)
食事のときからこっそり写真撮ってたから、なんか、丁寧に接客していただいてて、ありがたいというか、普通のお客でいたい私は、ツラかったです(- -;)
だから、宿を調査する人は、身分を明かさずに、一般客として泊まってるんだよね~、そんな番組あった!
人間の心理としては、仕方がないと思うんだけどね、もちろん。
食べて幸せになることもあるけど、食べてヘコむこともあるなと、、、(絶句でした)。
普段、食事については、食べたことないものでもどんどんチャレンジして、おいしいものはおいしいと思える私なんですけどね。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

e0077910_1364678.jpgシネフィル・イマジカで、映画『17歳のカルテ』があってたので、見ました。
これ、確か見損なってたなと思って。
プロデューサーに、ウィノナ・ライダー、そして自ら主演だったんだけど、共演の、当時無名だった、アンジェリーナ・ジョリーに話題を奪われて、けんかしたとかしなかったとかいう。

ストーリーは、思春期にありがちな不安と葛藤、心の病なのかそれとも普通なのか、、はざまで苦しむ少女が、両親から精神病院に送られて、そこで生活しながら、いろんな心の病気を持つ人々との関わりから、次第に今の自分が見えてくる、、、という、成長をつづったもの。
最後に、日の光が差すようなカンジのエンディングで、私は結構好きな映画でした。
ウィノナ・ライダーの演技もよかったんだけどなぁ。でも、アンジェリーナ・ジョリーの存在感と、やっぱりあれは、はまり役かな。
彼女は、女性が惚れ惚れするくらい、「かっこいい女」「強い女」が似合いますよね。
でも、そんなアンジェリーナに、時にはしっとりとした役もトライしてみて欲しい、と思うのは、私だけかな、、???


e0077910_1394459.jpgついでに、FOXで、今話題の、『American idol』を見ました(笑)
これは、日本で言う、『スター誕生』みたいなもの?笑。年がばれる!
もっとすごいかな。全米デビューできるし、実際、これまでに生まれたスターでは、Kelly Clarksonなんて、グラミーまで取ったという、まさに、アメリカンドリームを地でいく番組です。
日本と違って、ショービジネスの世界がとっても厳しいアメリカの番組では、出てくる人も本当に声もよくって、歌がうまい。見ててすごく楽しい。
それを、3人のジャッジが見て、いろんな評論をして、合格か不合格かを判定(各州でコンテスト)、それを勝ち抜いた12人が、TVでLIVEで歌い、全米視聴者が、いいと思った人に、電話で投票!
票が取れなかったら、落ちるというスタイル。
e0077910_1401243.jpgここから、また、大スターが生まれるのかな?
しかし、何が面白いかというと、ジャッジの中にいる、サイモンという男性が、とにかく辛口、、。
なんでそこまで言うっていうくらい、酷評をすることも。
それを他の二人が止めようとしたり、そのやりとりが面白い。
そこまで言わなくても、というのはあるんだけど、実際、こういう世界はとっても厳しいだろうから、ちょっと歌がうまいくらいではすまないというか、スター性や、自分を一番アピールできる歌とか、そういったものが求められるし、言われてへこたれるくらいでは、だめなんだろうなと思いました。
[PR]

by akfkjp | 2006-03-04 23:55 | その他