未来

e0077910_235231100.jpg一足先に、桜。会社で行事に使ったものを、もらって帰りました♪



本を読みました、かたや 『ロンドンでフラット暮らし』、いっぽう 『東京タワー』。

前者は前買ってちょっと読んで途中で終わってた気がしたので、改めて読んでみました。
ロンドンでの実生活を、日本人の視点で淡々と、ときどきユーモア含めて書いたもの。
時折、バサっと切り捨て口調だったりして、すかっとしました(笑)
でも、控えめな表現だと思います、シンプルな文章で。最近書いてらっしゃらないみたいで残念。

話題の、『東京タワー』。一気に読もうと、深夜に読み出し、、、
記憶をたどりながら、ちょっとコミカルに書いてみたり、でも自分の思ったことをストレートに書いていて、すごく共感できる部分がありました。
そして、やり場のない思いと、深い想いが、読んでいてこちらも熱くなるし、何度か涙が出てきてとまらないこともあり。(あー、次の日会社なのに、眼がはれそう!と心配になりました!)
きっと、この作品は、天国へのレクイエムというか、贈り物だなと、思いました。
読んでよかった本です。


先日、なにかで、どこかの国では、親の介護をするとかそういう感覚はないと書いてあったのを思い出しました。
それは、税金が高い分、福祉・医療には手厚くて、社会がそういった人々をちゃんとケアするから、家族が一緒に住むとかいうことはしないとのこと。
やはり、高齢化が進む日本でも、実際、一緒に住んで介護して、というのは、状況によっては、介護してる方も肉体的、精神的、経済的にも追い詰められることもあり、早急な対策が必要だと思いますよね。

でも、心情として、やっぱり、なんとか自分が、、と思うのもわかりますよね。
日本人は、そういう気持ちが強いんじゃないかなと。
自分だったらと思うと、著者の気持ちもとてもわかるな(実際、そんな状況になってはないので、全部本当にわかるとは到底言い切れないし、思ってはないですけど)と、思いました。

未来、、、
いろんな未来が来るんだろうなぁ。。。
楽しいこと、うれしいこと、頭にくること、悲しいこと、そして、耐えられないような辛さ、、、
そんなときに、この本を思い出して、強く生きていきたいです。
でも、もっと先であって欲しいです、みんなが健康で幸せでありますように。
[PR]

by akfkjp | 2006-03-15 23:10 | その他