ちょっとしたこと。

梅雨の谷間の、ピーカン晴れでしたね♪
ネタはたまっていますが(?笑)、久しぶりのつぶやき日記を。

ふと、何のために働いてるんだろう、とか、
ついつい自分のことでいっぱいになってしまったりというときもあるでしょうし、
5月は、5月病?とか言われるように、気分が滅入ったりすることもありますよね~
別に、自分が5月病だった、という、わけではないんですけどね!

e0077910_22165259.jpg自信過剰、頑固、と、自分に自信を持っていて、ある程度自分の意見を持つっていいうのは違うことで、でも紙一重になりえる気もしてたんですけど、意外に、その逆で、自分に自信をなくしたり、落ち込んだりすることもよくあることで。
自分が、人を喚起する立場にあると、自分が落ちてる状態はヤバイなぁと、仕事だからもちろんそんなことは見せずにやるしかないんですけど、それが、思った以上に人にいい影響を与えられてるとわかると、逆に自分がそこからエネルギーがもらえるというのも不思議で、ありがたいなぁと、面白いなぁと思いました。働いてよかった(笑)
なんのこっちゃ?ってカンジですけど、

アメリカンスクールで、"I like the way --------." などの文章を使う練習の宿題が出るとのこと。

例えば、
"I like the way I sing." 自分の歌い方が好き。
"I like the way he talks." 彼の話し方が好き。
e0077910_22175427.jpg


小学校低学年で、自分、または人の好きなところ、を見つけて書いてくるっていうことは、その時点で、自分や他人に対して好きだと思える部分を見つける、意識するということが、日常からできるようで、いいことだなぁと思いました。

日本は、謙遜の美学みたいなところがあって、それが建前だけならまだしも、本当に自分について自信を持てなかったりする子もいて、そうすると、打たれ弱くなったり、すぐにネガティブに考えて簡単に諦めたりしがちだったりして、、。
(だからって、日本を否定しているわけではまったくなくって、日本の文化や、国民性は誇れるものがあるとは思ってるんですけどね!)
楽に生きていくには、自分を受け入れて、認めて、自分の気持ちに正直になる、そうすることで、他人に対しても優しくなれる(人のことも認めてあげられるようになる)ということです。
だいたい、誰も完璧ではないですしね。

e0077910_22184063.jpg人に優しくありたいと思うと、その分、自分は強くなり、自分が弱いと、人を傷つける。
『あうん』の呼吸はあるけれど、いつもいつも『あうん』の呼吸が通じる人とは、そういない。
ある程度、文面から伝わったり、話してわかることもあるし、でも、意外な一面を見たり、それがたまたまいい面なのか、悪い面なのか。まぁ、その程度によりますが、それで決めつけちゃうのも、もったいないなと。
だから、お互いにコミュニケーションを取って、もっと知ろう、って気持ちを伝えたりしていくことで、お互いの存在を認めて、刺激しあったり、支えあったりできるんだと、私は、思っています。
人を受け入れることで、自分も受け入れてもらえる。もちろん、『あうん』で、通じるようになれば、とっても素敵なことだと思いますけどね、時間なのかな、長く連れ添った夫婦かな?

人についても、また自分についてもHappyな感情(self-esteem: a feeling of being happy about yourself -自尊感情)が持てれば、前向きになるし、打たれ強くもなるし(笑)、簡単に諦めない、チャレンジ精神旺盛、がんばれるっていう?



なーんて、わかってても、時々は、波長が狂うときもあり、ですね、人間ですから(- -;)
時々、つまずきつつ、でも起き上がり、上を向いて歩いていく30代でした(笑)

[PR]

by akfkjp | 2006-06-19 20:22 | その他